2016.10.28

雑貨の仕事塾®とは?

雑貨の仕事塾®は「雑貨」に特化したビジネス・仕事とする人のためのマーケティング・ブランディングを学ぶマツドアケミ主宰の大人の女性のための専門学校です。

 

ハンドメイド作家、手芸講師、小さなお教室や雑貨屋さんを目指す女性、現在活動している女性の夢にキレイな花を咲かせることができるように、あなたの「なりたい!」を応援しています。

 

アトリエユイット

 

雑貨の仕事塾@講座のご案内

 

ご案内している講座は通学講座とオンライン講座があり、あなたの活動に必要な3つの講座をご用意しました。

 

通学講座

 

クリエイター起業&ブランディング講座

ハンドメイド作家からスタートし、ブランドを作るための起業とブランディングを8ヶ月間、通学で学ぶ講座です。
◎主な講座の内容
・ブランディング
・写真講座
・ブログ、SNSを使った集客・広報講座
・紙もの印刷物の制作講座
・クリエイター起業に必要なお金の話
講師は専門分野の人気講師や小さなブランドで活躍するブランドオーナー、クリエイターが登壇。
全8回(16講座)で、ブランドを立ち上げ、継続していくために必要なマーケティングについてを学びます。
募集は年に1度。0期からスタートし、現在1期生が学んでいます。
何をやったらいいのかわからないという方、仕事にしたいと思っているがうまくいっていないという方、基礎からみっちり学びたい方にオススメです。

 

オンライン講座

 

オンライン講座に2つの講座があります。

 

クリエイター・ブランディング講座

(旧・売れっ子ハンドメイド作家養成講座)
この講座はインターネットの塾生専用ページにあるクリエイター活動に必要な基礎〜応用教材を自分のペースで学びながら、インターネット上で塾長マツドアケミの指導・アドバイスを直接受けることのできる講座です。この講座の受講生には塾生限定の特別セミナー、勉強会他、塾生限定合同展、百貨店販売のOJT、ディスプレイ指導、接客指導などがあります。また雑貨の仕事塾の出版コーディネートによる出版や企業さまとの仕事のご紹介などの実例もあります。募集は不定期。マツドアケミの直接指導のため、ご入会いただける人数は毎回限定数となります。2016年6月に103期の募集があります。
地方在住の方、本格的にハンドメイドを仕事としたい方にオススメです。
初月 59,800円 月額コンサルティング料 10,800円(税込)

 

ハピ活★勉強会

この講座は毎月1本ハンドメイド作家にとって必要な講座を動画で視聴いただける講座です。
講師はマツドアケミ以外にも、紙もの販促物の専門家、税理士、カメラマンなどその時々のテーマによって、その分野で活躍している人気講師が登壇します。
この講座ではマツドアケミ他講師へのご相談、アドバイスはありませんが、会員さま限定のフェイスブックグループがあり、全国の会員さん同士の交流が行われています。
自分のペースで学びたい方、地方在住の方、育児中というママさん作家さん、平日はお仕事をしている方など、自由になる時間が少ないという方にも大変
好評です。
入会金 無料 月額利用料 2,980円(税込み)

詳しくはこちらから

 

lphimg

 

 

 

その他の講座

 

単発で受講できる講座が通学とオンライン講座にあります。

 

通学単発講座例
ハンドメイド作家になりたい!講座
マツドアケミによるハンドメイド作家になるための人気基礎講座です。
毎月1回開催 参加費 5,400円

 

一眼レフ・デジカメ講座
人気カメラマン佐藤朗氏による人気講座。
1回の参加で写真が劇的に良くなると人気の講座です。
不定期開催

 

直接相談も承っております!
マツドアケミに直接相談したい!というあなたにはパーソナルコンサルティングも受け付けております。
パーソナルコンサルティング 1時間+フォローアップ30分 32,400円
スカイプ、もしくは面談(八丁堀もしくは千葉県八千代市の事務所での面談となります)
パーソナルコンサルティングのお申し込みはこちらから

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

★月々2,980円でハンドメイド作家さんのためのハッピーな活動を応援する『ハピ活★勉強会』
⇒ http://zakkazakka.com/?p=5340

 

★雑貨の仕事塾 Facebookページ★ ⇒  https://www.facebook.com/zakka.work.school

 

 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。